日本の伝統を知る。「鏡開き」

日本の伝統を知る。「鏡開き」

1月11日は鏡開きの日。
ということで、由来を調べてみました。flair
 
関東では年神様がいらっしゃる1月7日までを松の内といい、鏡開きは松の内が明けた1月11日に行うのが一般的です。
 
fuji新年の神様である「年神様」を家に迎え、もてなすのが一連のお正月行事。
お迎えした年神様の居場所が鏡餅です。
 
まん丸のお餅はshine神様が宿るshineと伝えられ、三種の神器である鏡を見立てたものと言われています。
 
お正月、神様からは全ての人や物に新しい生命を与えるために現れると伝えられています。
つまり一年に一度新たに生まれ変わるということです。その年神様の霊力はお供えした鏡餅に宿っていますので、鏡餅を食べることで新しい生命をいただくことができるというわけです。
 
そして「切る」というのは切腹のようで縁起が悪い。神様の霊が宿っているから。
という理由で刃を入れず手や木槌で割って(鏡を開く)という風習が受け継がれています。
 
 
飾りや丸い形にもそれぞれ意味があるなど、調べれば諸説でてきますが、、、
 
 
神様や仏様に感謝しながらそれを食べることによって、
無病息災を祈願し、新たな年を迎えましょう!!というのが鏡開き。
 
 
鏡餅.png
 
 
固くなったお餅は汁粉や、雑煮にぴったりheart01
お雑煮の具材も各地や、家庭によっても様々ですね。
神の恩恵を受けられますよう、家庭の味を楽しみながら食べたいものですhappy02restaurant
 
 
 
*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*
 
湘南エリアの不動産・賃貸管理は株式会社ユーミーClassへ
 
ホームページ:https://www.you-me-class.co.jp/
 
*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*